会社法百選(No.180)目次

裁判所,裁判体,判決,年号,年,月,日,集,巻,号,頁,科目,事件,題名,執筆者
大,,判,昭和,2,7,4,民集,,6,428,会社法,7,設立費用の帰属,小林量
大,,判,昭和,3,11,28,民集,,7,1008,会社法,91,社債権者の単独償還請求,後藤紀一
大,,判,昭和,7,4,30,民集,,11,706,会社法,86,係争中の債権者と「知れている債権者」,青木浩子
最,二小,判,昭和,27,2,15,民集,6,2,77,会社法,1,会社の能力と目的の範囲,前田重行
最,二小,判,昭和,33,10,24,民集,12,14,3228,会社法,5,発起人の開業準備行為,久保田光昭
最,一小,判,昭和,35,9,15,民集,14,11,2146,会社法,16,名義書換失念と新株引受権の帰属,清水忠之
最,二小,判,昭和,35,12,9,民集,14,13,2994,会社法,4,発起人組合,青竹正一
最,二小,判,昭和,36,11,24,民集,15,10,2583,会社法,49,決議取消訴訟への訴訟参加,山本克己
最,二小,判,昭和,39,12,11,民集,18,10,2143,会社法,68,役員の報酬・退職慰労金,鳥山恭一
最,大,判,昭和,40,9,22,民集,19,6,1600,会社法,92,重要財産の譲渡と特別決議,山部俊文
最,三小,判,昭和,40,9,22,民集,19,6,1656,会社法,71,取締役会決議を経ない取引の効力,山田廣己
最,一小,判,昭和,40,11,11,民集,19,8,1953,会社法,87,同時退社申出と総社員の同意,吉川栄一
最,三小,判,昭和,40,11,16,民集,19,8,1970,会社法,34,株券の発行,藤田友敬
最,一小,判,昭和,41,7,28,民集,20,6,1251,会社法,15,会社の過失による名義書換の未了と株式譲渡人の地位,西尾幸夫
最,一小,判,昭和,42,9,28,民集,21,7,1970,会社法,45,他の株主に対する招集手続の瑕疵と決議取消の訴え,伊沢和平
最,二小,判,昭和,42,11,17,民集,21,9,2448,会社法,8,他人名義による株式の引受け,神作裕之
最,一小,判,昭和,42,12,14,刑集,21,10,1369,会社法,98,預合いの意義,荒谷裕子
最,二小,判,昭和,43,11,1,民集,22,12,2402,会社法,41,議決権行使の代理人資格の制限,高田晴仁
最,大,判,昭和,43,12,25,民集,22,13,3511,会社法,65,利益相反の間接取引,山本爲三郎
最,一小,判,昭和,44,2,27,民集,23,2,511,会社法,3,法人格の否認,森本滋
最,二小,判,昭和,44,3,28,民集,23,3,645,会社法,73,代表取締役解任の取締役会決議と特別利害関係,伊藤壽英
最,一小,決,昭和,44,10,16,刑集,23,10,1359,会社法,100,総会屋に対する贈収賄罪の成立,菊地雄介
最,大,判,昭和,44,11,25,民集,23,11,2150,会社法,77,取締役の第三者に対する責任の法意,洲崎博史
最,三小,判,昭和,44,12,2,民集,23,12,2396,会社法,72,招集手続の瑕疵と取締役会決議の効力,山田純子
最,一小,判,昭和,45,4,2,民集,24,4,223,会社法,47,役員選任決議取消の訴え―役員が退任した場合と訴えの利益,野田博
最,大,判,昭和,45,6,24,民集,24,6,625,会社法,2,会社の政治献金,泉田栄一
最,大,判,昭和,45,7,15,民集,24,7,804,会社法,11,株式の相続と訴訟の承継,松山三和子
最,二小,判,昭和,45,11,6,民集,24,12,1744,会社法,55,取締役の職務執行停止仮処分の効力,菊地和彦
最,三小,判,昭和,45,11,24,民集,24,12,1963,会社法,12,株主平等の原則,関俊彦
最,一小,判,昭和,46,3,18,民集,25,2,183,会社法,50,決議取消の訴えと裁量棄却,岩原紳作
最,二小,判,昭和,46,7,16,判時,,641,97,会社法,26,第三者に対する新株の有利発行と株主総会決議の欠缺,宮島司
最,大,判,昭和,46,10,13,民集,25,7,900,会社法,64,手形行為と利益相反取引,川村正幸
最,一小,判,昭和,47,6,15,民集,26,5,984,会社法,79,選任決議を欠く登記簿上の取締役と対第三者責任,加藤徹
最,大,判,昭和,47,11,8,民集,26,9,1489,会社法,14,株券発行前の株式譲渡,黒沼悦郎
最,三小,判,昭和,48,5,22,民集,27,5,655,会社法,78,取締役の監視義務と対第三者責任,梅本剛正
最,二小,判,昭和,48,6,15,民集,27,6,700,会社法,18,譲渡制限に違反した株式譲渡の効力,尾崎安央
最,一小,判,昭和,49,9,26,民集,28,6,1306,会社法,63,株主全員の合意と利益相反取引,浜田道代
最,二小,判,昭和,49,12,20,判時,,768,101,会社法,88,債権者による退社予告,吉見研次
最,三小,判,昭和,50,4,8,民集,29,4,350,会社法,27,買取引受と不公正発行価額,中村建
最,二小,判,昭和,50,6,27,民集,29,6,879,会社法,56,代表取締役職務代行者による臨時総会の招集と会社の常務,石山卓磨
最,二小,判,昭和,51,12,24,民集,30,11,1076,会社法,46,決議取消の訴えと取消事由の追加,小塚荘一郎
最,二小,判,昭和,52,10,14,民集,31,6,825,会社法,57,表見代表取締役と第三者の過失,大塚寵児
最,三小,判,昭和,52,11,8,民集,31,6,847,会社法,35,名義書換未了株主と異議催告手続,加藤修
最,一小,判,昭和,53,7,10,民集,32,5,888,会社法,53,総会決議不存在確認の訴えと訴権の濫用,森田章
最,二小,判,昭和,54,11,16,民集,33,7,709,会社法,52,決議無効確認の訴えと決議取消の主張,梅津昭彦
最,一小,判,昭和,57,1,21,判時,,1037,129,会社法,54,取締役の解任,近藤光男
最,Ξ小,判,昭和,58,6,7,民集,37,5,517,会社法,48,計算書類承認決議取消の訴え―翌期以後の計算書類が承認された場合と訴えの利益,小林登
最,一小,判,昭和,60,3,7,民集,39,2,107,会社法,36,株券提出期間経過後の名義書換請求,山本哲生
最,二小,判,昭和,60,12,20,民集,39,8,1869,会社法,39,代理出席を含む全員出席総会の決議の効力,丸山秀平
最,三小,判,昭和,61,2,18,民集,40,1,32,会社法,82,弁護士である監査役の訴訟代理の可否,大塚英明
最,一小,判,昭和,61,3,13,民集,40,2,229,会社法,90,多数派社員による不公正な業務執行と解散請求,土橋正
最,一小,判,昭和,61,9,11,判時,,1215,125,会社法,6,財産引受の無効主張と信義則,山下眞弘
最,一小,判,昭和,62,1,22,判時,,1223,136,会社法,89,合資会社の社員の出資義務と持分払戻請求権,大和正史
最,一小,判,昭和,62,4,16,判時,,1248,127,会社法,80,辞任登記未了の辞任取締役と対第三者責任,永井和之
最,三小,判,昭和,63,3,15,判時,,1273,124,会社法,20,競売による譲渡制限株式の取得―会社に対して株主としての地位を有する者,北村雅史
最,三小,判,平成,2,4,17,民集,44,3,526,会社法,51,取締役選任決議の不存在とその後の取締役選任決議の効力,早川勝
最,三小,判,平成,2,12,4,民集,44,9,1165,会社法,9,相続による株式の共有―総会決議不存在確認訴訟の原告適格,大野正道
最,三小,決,平成,3,2,28,刑集,45,2,77,会社法,99,見せ金と公正証書原本不実記載罪,林竧
最,二小,判,平成,4,12,18,民集,46,9,3006,会社法,69,取締役の報酬の変更,甘利公人
最,三小,判,平成,5,3,30,民集,47,4,3439,会社法,17,一人株主の承認による譲渡制限株式譲渡の効力,新山雄三
最,一小,判,平成,5,9,9,民集,47,7,4814,会社法,25,100%子会社による親会社株式の取得と親会社取締役の責任,神田秀樹
最,一小,判,平成,5,12,16,民集,47,10,5423,会社法,32,発行差止仮処分違反の新株発行の効力,砂田太士
最,一小,判,平成,6,1,20,民集,48,1,1,会社法,70,取締役会決議が必要な重要な財産の処分,中東正文
最,一小,判,平成,6,7,14,判時,,1512,178,会社法,33,著しい不公正発行と新株発行無効事由,山下友信
最,三小,判,平成,7,4,25,集民,,175,91,会社法,21,従業員持株制度と退職従業員の株式譲渡義務,前田雅弘
最,三小,判,平成,8,11,12,判時,,1598,152,会社法,44,従業員株主を前列に座らせてなした総会決議,大澤康孝
最,三小,判,平成,9,1,28,判時,,1599,139,会社法,10,共有株式の権利行使者の指定方法,柴田和史
最,三小,判,平成,9,1,28,民集,51,1,71,会社法,28,新株発行事項の公示の欠缺,戸川成弘
最,一小,判,平成,10,11,26,金判,,1066,18,会社法,38,累積投票と招集通知の記載,川口恭弘
最,二小,判,平成,12,7,7,民集,54,6,1767,会社法,58,取締役の責任と法令違反,畠田公明
最,一小,決,平成,13,1,30,民集,55,1,30,会社法,76,株主代表訴訟の被告側への会社の補助参加の可否,行澤一人
最,一小,判,平成,16,7,1,民集,58,6,1214,会社法,85,帳簿閲覧請求の要件,西山芳喜
最,三小,決,平成,16,8,30,民集,58,6,1763,会社法,97,企業買収の基本合意書中の協議禁止条項の効力,神谷高保
東京,高,判,昭和,48,7,27,判時,,715,100,会社法,29,第三者割当増資による企業買収,仮屋広郷
大飯,高,判,昭和,54,10,30,高民集,32,2,214,会社法,74,株主代表訴訟の対象となる取締役の責任,岸由雅雄
大阪,高,決,昭和,55,6,9,判タ,,427,178,会社法,66,検査役選任の請求事由,末永敏和
東京,高,判,昭和,56,3,30,高民集,34,1,11,会社法,23,略式質の効力,落合誠一
名古屋,高,判,昭和,58,7,1,判時,,1096,134,会社法,81,計算書類の虚偽記載と対第三者責任,上村達男
大阪,高,決,昭和,58,10,27,高民集,36,3,250,会社法,42,従業員持株制度と株式信託契約の有効性,鈴木隆元
東京,高,判,昭和,61,2,19,判時,,1207,120,会社法,43,取締役の説明義務と一括回答,沢野直紀
大阪,高,決,平成,元,3,28,判時,,1324,140,会社法,19,譲渡制限株式の評価,江頭憲治郎
東京,高,判,平成,元,10,26,金判,,835,23,会社法,61,退任取締役による競業会社設立・従業員引き抜きと忠実義務違反,田村詩子
東京,高,判,平成,2,1,31,資料版商事法務,,77,193,会社法,94,合併比率の不公正と合併無効事由,遠藤美光
東京,高,決,平成,7,2,20,判タ,,895,252,会社法,75,株主代表訴訟と担保提供,森淳二朗
札幌,高,判,平成,9,1,28,資料版商事法務,,155,107,会社法,40,株主提案の取扱い,正井章筰
東京,高,判,平成,11,3,25,判時,,1686,33,会社法,67,違法行為の差止請求権,小柿徳武
大阪,高,判,平成,12,7,31,判時,,1746,94,会社法,22,事故株券の売買,今井克典
大阪,高,判,平成,16,5,25,判時,,1863,115,会社法,83,公正な会計慣行と取締役等の責任,片木晴彦
東京,高,決,平成,17,3,23,判時,,1899,56,会社法,37,第三者割当による新株予約権発行の差止め,高橋英治
東京,地,判,昭和,56,3,26,判時,,1015,27,会社法,62,取締役の競業避止義務,牛丸與志央
東京,地,決,昭和,58,10,11,下民集,34,9~12,968,会社法,93,合併発表後に取得した株式の買取価格,弥永真生
東京,地,判,平成,元,7,18,判時,,1349,148,会社法,96,解散判決における業務執行上の著しい難局,宍戸善一
東京,地,決,平成,元,7,25,判時,,1317,28,会社法,31,著しく不公正な方法による第三者割当増資,告本健一
横浜,地,判,平成,3,4,19,判時,,1397,114,会社法,84,帳簿閲覧請求の対象となる会計帳簿資料の意義,豊岳信昭
東京,地,判,平成,7,12,27,判時,,1560,140,会社法,13,議決権行使阻止工作と利益供与,出口正義
大阪,地,判,平成,12,9,20,判時,,1721,3,会社法,60,取締役の監督義務と内部統制体制,野村修也
大阪,地,判,平成,15,3,5,判時,,1833,146,会社法,24,違法な自己株式取得による会社の損害,鈴木千佳子
東京,地,判,平成,16,6,1,判時,,1873,159,会社法,30,防衛策としての第三者割当増資の発行価額,田中亘
東京,地,判,平成,16,9,28,判時,,1886,111,会社法,59,(①事件)取締役の注意義務と経営判断原則,吉原和志
名古屋,地,判,平成,16,10,29,判時,,1881,122,会社法,95,債務の履行の見込みと会社分割無効事由,川島いづみ

民訴百選目次

裁判所,裁判体,判決,年号,年,月,日,集,巻,号,頁,科目,事件,題名
大,,判,大正,4,9,29,民録,,21,1520,民訴,64,自白の撤回の要件
大,,判,昭和,10,10,28,民集,,14,1785,民訴,10,氏名冒用訴訟
大,,判,昭和,11,3,11,民集,,15,977,民訴,11,死者を当事者とする訴訟
最,一小,判,昭和,27,11,27,民集,6,10,1062,民訴,59,権利抗弁
最,大,判,昭和,28,12,23,民集,7,13,1561,民訴,37,行政訴訟の訴えの利益皇居前広場使用許可
最,二小,判,昭和,29,6,11,民集,8,6,1055,民訴,21,意思能力
最,二小,判,昭和,30,1,28,民集,9,1,83,民訴,9,忌避事由
最,二小,判,昭和,30,5,20,民集,9,6,718,民訴,35,証書真否確認の訴え
最,三小,判,昭和,30,7,5,民集,9,9,985,民訴,63,権利自白
最,三小,判,昭和,31,4,3,民集,10,4,297,民訴,114,上訴の利益理由中の判断に対する不服
最,二小,判,昭和,32,2,8,民集,11,2,258,民訴,70,反対尋問の保障
最,一小,判,昭和,32,2,28,民集,11,2,374,民訴,40,訴えの交換的変更と旧訴の扱い
最,二小,判,昭和,32,5,10,民集,11,5,715,民訴,68,概括的認定―過失の一応の推定
最,二小,判,昭和,32,6,7,民集,11,6,948,民訴,A32,一部請求黙示の一部請求
最,三小,判,昭和,32,6,25,民集,11,6,1143,民訴,A25,証拠申出の撤回
最,一小,判,昭和,33,4,17,民集,12,6,873,民訴,16,選定当事者共同の利益を有する者
最,三小,判,昭和,33,7,8,民集,12,11,1740,民訴,56,当事者からの主張の要否(2)―代理人による契約締結
最,二小,判,昭和,33,7,25,民集,12,12,1823,民訴,22,訴訟能力-特別代理人
最,三小,判,昭和,33,11,4,民集,12,15,3247,民訴,50,弁論の更新
最,三小,判,昭和,35,2,2,民集,14,1,36,民訴,72,証明責任の分配(1)-一虚偽表示における第三者の善意
最,一小,判,昭和,35,6,9,民集,14,7,1304,民訴,A46,審理不尽という上告理由
最,二小,判,昭和,36,4,7,民集,15,4,694,民訴,A24,弁論の全趣旨
最,一小,判,昭和,36,4,27,民集,15,4,901,民訴,57,当事者からの主張の要否(3)公序良俗
最,三小,判,昭和,36,8,8,民集,15,7,2005,民訴,117,経験則違反と上告・上告受理申立て
最,二小,判,昭和,36,11,24,民集,15,10,2583,民訴,111,共同訴訟参加と当事者適格
最,三小,判,昭和,37,12,18,民集,16,12,2422,民訴,A5,民法上の組合の当事者能力
最,一小,判,昭和,38,2,21,民集,17,1,182,民訴,25,訴訟代理人の代理権の範囲
最,二小,判,昭和,38,4,12,民集,17,3,468,民訴,A47,再審事由と上告理由
最,大,判,昭和,38,10,30,民集,17,9,1266,民訴,26,弁護士による代理双方代理
最,三小,判,昭和,39,5,12,民集,18,4,597,民訴,80,文書真正の推定
最,三小,判,昭和,39,10,13,民集,18,8,1619,民訴,8,除斥事由―前審への「関与」
最,一小,判,昭和,40,3,4,民集,19,2,197,民訴,41,占有の訴えと本権の訴え
最,大,決,昭和,40,6,30,民集,19,4,1089,民訴,1,訴訟と非訟夫婦同居の審判
最,二小,判,昭和,40,9,17,民集,19,6,1533,民訴,85,消極的確認訴訟における中立事項
最,一小,判,昭和,41,1,27,民集,20,1,136,民訴,73,証明責任の分配(2)背信行為と認めるに足りない特段の事情
最,二小,判,昭和,41,3,18,民集,20,3,464,民訴,27,給付の訴え登記請求訴訟
最,三小,判,昭和,41,3,22,民集,20,3,484,民訴,113,引受承継人の範囲
最,三小,判,昭和,41,4,12,民集,20,4,548,民訴,A21,当事者からの主張の要否(2)
最,一小,判,昭和,41,9,22,民集,20,7,1392,民訴,62,間接事実の自白
最,二小,判,昭和,42,2,24,民集,21,1,209,民訴,49,公示送達の不知と追完
最,大,判,昭和,42,9,27,民集,21,7,1955,民訴,A10,弁護士による代理懲戒処分
最,一小,判,昭和,43,2,15,民集,22,2,184,民訴,100,和解契約の解除と訴訟の終了
最,二小,判,昭和,43,3,8,民集,22,3,551,民訴,A38,主観的予備的併合
最,二小,判,昭和,43,3,15,民集,22,3,607,民訴,103,固有必要的共同訴訟(2)―被告側の共同相続
最,三小,判,昭和,43,3,19,民集,22,3,648,民訴,118,破棄判決の拘束力
最,一小,判,昭和,43,3,28,民集,22,3,707,民訴,A23,擬制自白
最,三小,判,昭和,43,4,16,民集,22,4,929,民訴,A9,法人代表者の交替と通知
最,一小,判,昭和,43,9,12,民集,22,9,1896,民訴,101,通常共同訴訟人独立の原則当然の補助参加
最,大,判,昭和,43,11,13,民集,22,12,2510,民訴,44①,時効の中断
最,三小,判,昭和,43,12,24,民集,22,13,3454,民訴,A19,職権による過失相殺
最,三小,判,昭和,44,6,24,判時,,569,48,民訴,92,争点効
最,三小,判,昭和,44,7,8,民集,23,8,1407,民訴,A35,確定判決の騙取
最,一小,判,昭和,44,7,10,民集,23,8,1423,民訴,20,法人の内部紛争――銀閣寺事件
最,二小,判,昭和,44,10,17,民集,23,10,1825,民訴,98,訴え取下げの合意の効力
最,一小,判,昭和,45,4,2,民集,24,4,223,民訴,36,株主総会決議取消しの訴え
最,一小,判,昭和,45,6,11,民集,24,6,516,民訴,60,裁判所の釈明権
最,大,判,昭和,45,7,15,民集,24,7,804,民訴,112,訴訟承継の可否会社法上の訴え
最,大,判,昭和,45,7,15,民集,24,7,861,民訴,A11,子の死亡後の親子関係確認の利益
最,三小,判,昭和,45,7,24,民集,24,7,1177,民訴,44②,時効の中断
最,一小,判,昭和,45,10,22,民集,24,11,1583,民訴,107,補助参加入に対する判決の効果
最,大,判,昭和,45,11,11,民集,24,12,1854,民訴,19,任意的訴訟担当
最,三小,判,昭和,45,12,15,民集,24,13,2072,民訴,23,代表権と表見代理
最,二小,判,昭和,46,4,23,判時,,631,55,民訴,54,時機に後れた攻撃防御方法
最,一小,判,昭和,46,6,3,判時,,634,37,民訴,119,再審の原告適格
最,二小,判,昭和,46,6,25,民集,25,4,640,民訴,97,刑事上罰すべき他人の行為による訴えの取下げ
最,三小,判,昭和,46,6,29,判時,,636,50,民訴,A20,当事者からの主張の要否(1)
最,一小,判,昭和,46,10,7,民集,25,7,885,民訴,A37,固有必要的共同訴訟訴えの取下げ
最,一小,判,昭和,46,11,25,民集,25,8,1343,民訴,84,引換え給付判決
最,三小,判,昭和,47,2,15,民集,26,1,30,民訴,30,遺言無効確認の利益
最,二小,判,昭和,47,6,2,民集,26,5,957,民訴,14,当事者能力と登記請求権
最,一小,判,昭和,47,11,9,民集,26,9,1566,民訴,A6,当事者適格―相続財産管理人
最,一小,判,昭和,48,4,5,民集,27,3,419,民訴,83,損害賠償請求訴訟の訴訟物
最,三小,判,昭和,48,4,24,民集,27,3,596,民訴,A42,債権者代位訴訟と独立当事者参加
最,一小,判,昭和,48,6,21,民集,27,6,712,民訴,93,口頭弁論終結後の承継人
最,二小,判,昭和,48,7,20,民集,27,7,863,民訴,110,独立当事者参加における敗訴者の1人による上訴
最,一小,判,昭和,48,10,11,判時,,723,44,民訴,122,訴訟に要する費用弁護士費用の請求
最,二小,判,昭和,48,10,26,民集,27,9,1240,民訴,A4,当事者の確定
最,三小,判,昭和,49,2,5,民集,28,1,27,民訴,5,訴額の算定
最,二小,判,昭和,49,4,26,民集,28,3,503,民訴,A33,限定承認の蒸し返し既判力に準ずる効力
最,二小,判,昭和,50,10,24,民集,29,9,1417,民訴,65,訴訟上の証明jレンバール事件
最,三小,判,昭和,51,3,23,判時,,816,48,民訴,52,攻撃防御方法の提出と信義則
最,三小,判,昭和,51,3,30,判時,,814,112,民訴,A39,共同訴訟人の1人の相手方への補助参加
最,二小,判,昭和,51,7,19,民集,30,7,706,民訴,17,法定訴訟担当遺旨執行者
最,一小,判,昭和,51,9,30,民集,30,8,799,民訴,88,信義則による後訴の遮断
最,一小,判,昭和,51,10,21,民集,30,9,903,民訴,96,判決の反射的効力
最,二小,判,昭和,51,12,24,民集,30,11,1076,民訴,A14,提訴期間経過後の決議取消事由の追加
最,二小,判,昭和,52,5,27,民集,31,3,404,民訴,121,再審期間の始期
最,三小,判,昭和,52,7,19,民集,31,4,693,民訴,99,訴え取下げと再訴の禁止
最,一小,判,昭和,53,9,14,判時,,906,88,民訴,95,法人格否認の法理
最,一小,判,昭和,55,2,7,民集,34,2,123,民訴,55,当事者からの主張の要否(1)所有権喪失事由
最,一小,判,昭和,55,10,23,民集,34,5,747,民訴,86,既判力の時的限界(1)取消権
最,三小,判,昭和,55,10,28,判時,,984,68,民訴,47,訴訟行為の追完
最,三小,判,昭和,56,4,14,民集,35,3,620,民訴,A29,情報の収集---一弁護士法23条の2の照会
最,一小,判,昭和,56,9,24,民集,35,6,1088,民訴,51,弁論の再開
最,二小,判,昭和,56,10,16,民集,35,7,1224,民訴,123,国際裁判管轄
最,大,判,昭和,56,12,16,民集,35,10,1369,民訴,3,民事訴訟と行政訴訟大阪国際空港事件
最,大,判,昭和,56,12,16,民集,35,10,1369,民訴,28,将来の給付の訴え大阪国際空港事件
最,大,判,昭和,56,12,16,民集,35,10,1369,民訴,66,集団訴訟における証明大阪国際空港事件
最,三小,判,昭和,57,2,23,民集,36,2,183,民訴,38,仲裁契約の成立
最,三小,判,昭和,57,3,30,民集,36,3,501,民訴,A31,既判力の時的限界白地手形補充権
最,三小,判,昭和,57,9,7,判時,,1062,85,民訴,A15,期日の変更顕著な事由
最,三小,判,昭和,57,9,28,民集,36,8,1652,民訴,29,併合された将来請求の訴え一一保険金請求
最,三小,判,昭和,58,3,22,判時,,1074,55,民訴,115,不服の限度控訴しない当事者の請求
最,三小,判,昭和,58,10,18,民集,37,8,1121,民訴,42,境界確定の訴え
最,二小,判,昭和,60,12,20,判時,,1181,77,民訴,18,紛争管理権豊前火力発電所建設差止請求訴訟
最,一小,判,昭和,61,3,13,民集,40,2,389,民訴,31,遺産確認の利益
最,一小,判,昭和,61,7,17,民集,40,5,941,民訴,90,将来の給付判決における増額請求事情変更
最,一小,判,昭和,61,9,4,判時,,1215,47,民訴,116,不利益変更禁止
最,三小,判,昭和,62,7,17,民集,41,5,1402,民訴,105,主観的追加的併合
最,三小,判,昭和,62,7,17,民集,41,5,1381,民訴,A12,離縁無効確認の利益
最,三小,判,昭和,63,1,26,民集,42,1,1,民訴,43,訴え提起と不法行為訴訟上の権能の濫用
最,一小,判,昭和,63,2,25,民集,42,2,120,民訴,A41,共同訴訟的補助参加
最,三小,判,平成,元,3,28,民集,43,3,167,民訴,A36,固有必要的共同訴訟―遺産確認の訴え
最,二小,判,平成,元,11,10,民集,43,10,1085,民訴,A51,再審の原告適格―死後認知訴訟
最,二小,判,平成,元,12,8,民集,43,11,1259,民訴,67,価格協定による損害の立証―鶴岡灯油訴訟
最,三小,判,平成,3,12,17,民集,45,9,1435,民訴,45,相殺の抗弁と重複起訴
最,一小,判,平成,4,9,10,民集,46,6,553,民訴,120,送達と再審・再審の補充性
最,一小,判,平成,4,10,29,民集,46,7,1174,民訴,75,事案解明義務―原子炉施設の安全審査(伊方原発事件)
最,一小,判,平成,5,2,25,判時,,1456,53,民訴,39,請求の特定―横田基地騒音公害訴訟
最,一小,判,平成,5,11,11,民集,47,9,5255,民訴,A30,不執行の合意
最,三小,判,平成,6,5,31,民集,48,4,1065,民訴,15,入会団体の当事者適格
最,三小,判,平成,6,9,27,判時,,1513,111,民訴,109,独立当事者参加の可否
最,三小,判,平成,6,11,22,民集,48,7,1355,民訴,A45,一部請求と相殺・不利益変更禁止
最,三小,判,平成,7,2,21,民集,49,2,231,民訴,A8①,法人内部紛争の原告適格
最,一小,判,平成,7,2,23,判時,,1524,134,民訴,A49,違式の裁判
最,二小,判,平成,7,12,15,民集,49,10,3051,民訴,87,既判力の時的限界(2)一建物質取請求権
最,一小,判,平成,8,2,22,判時,,1559,46,民訴,61,裁判所の釈明義務
最,二小,判,平成,8,6,24,判時,,1575,50,民訴,A8②,法人内部紛争の原告適格
最,二小,判,平成,8,6,24,民集,50,7,1451,民訴,A53,離婚事件の国際裁判管轄
最,二小,判,平成,9,3,14,判時,,1600,89,民訴,A34,必要的共同訴訟と既判力・既判力の縮減論
最,二小,判,平成,9,7,11,民集,51,6,2573,民訴,A54,外国判決の承認懲罰的損害賠償
最,一小,判,平成,9,7,17,判時,,1614,72,民訴,58,相手方の援用しない自己に不利益な事実の陳述
最,二小,判,平成,10,3,27,民集,52,2,661,民訴,A7,取締役解任の訴えの被告適格
最,三小,判,平成,10,4,28,民集,52,3,853,民訴,124,外国判決の承認
最,一小,判,平成,10,4,30,民集,52,3,930,民訴,91,相殺に対する反対相殺
最,二小,判,平成,10,6,12,民集,52,4,1147,民訴,89,一部請求における残部請求
最,三小,判,平成,10,6,30,民集,52,4,1225,民訴,46,一部請求訴訟における残部債権による相殺
最,一小,判,平成,10,9,10,判時,,1661,81,民訴,48,郵便に付する送達
最,一小,判,平成,11,1,21,民集,53,1,1,民訴,34,将来の法律関係の確認――敷金返遭請求権の確認
最,一小,決,平成,11,3,12,民集,53,3,505,民訴,A50,保全抗告についての決定の許可抗告
最,二小,判,平成,11,6,11,判時,,1685,36,民訴,33,遺言者生存中に提起された遺言無効確認の訴え
最,三小,判,平成,11,11,9,民集,53,8,1421,民訴,102,固有必要的共同訴訟(1)―共有地境界確定訴訟
最,二小,決,平成,11,11,12,民集,53,8,1787,民訴,79,文書提出命令(2)―自己専利用文書(稟議書)
最,一小,判,平成,12,2,24,民集,54,2,523,民訴,32,具体的相続分確認の利益
最,一小,決,平成,12,3,10,民集,54,3,1073,民訴,76,証言拒絶事由(1)技術または職業の秘密
最,一小,決,平成,12,3,10,判時,,1711,55,民訴,78,文書提出命令(1)―法律関係文書と内部文書
最,二小,判,平成,12,3,17,判時,,1708,119,民訴,A52,少額訴訟に対する控訴禁止の合憲性
最,二小,判,平成,12,7,7,民集,54,6,1767,民訴,104,必要的共同訴訟と上訴
最,二小,決,平成,12,7,14,判時,,1720,147,民訴,A48,上告の上告受理申立てへの変更
最,一小,決,平成,12,12,14,民集,54,9,2743,民訴,A28,文書提出命令に対して抗告を提起しうる者
最,一小,決,平成,13,1,30,民集,55,1,30,民訴,A40,株主代表訴訟と補助参加
最,一小,決,平成,13,2,22,判時,,1742,89,民訴,A27,文書の特定の程度
最,三小,判,平成,14,1,22,判時,,1776,67,民訴,108,訴訟告知と参加的効力
最,二小,判,平成,14,2,22,判時,,1779,22,民訴,2,法律上の争訟
最,二小,判,平成,14,6,7,民集,56,5,899,民訴,13,法人でない社団の当事者能力
最,三小,判,平成,14,7,9,民集,56,6,1134,民訴,A1,法律上の争訟―行政上の義務の履行を求める訴え
札幌,高,決,昭和,41,9,19,高民集,19,5,428,民訴,A2,訴訟上の権能の濫用―管轄選択権の濫用
東京,高,決,昭和,47,5,22,高民集,25,3,209,民訴,81,模索的証明
東京,高,判,昭和,52,7,15,判時,,867,60,民訴,71,無断(秘密)録音テープの証拠能力
札幌,高,決,昭和,54,8,31,下民集,30,5~8,403,民訴,77,証言拒絶事由(2)新聞記者の取材源
東京,高,決,昭和,54,9,28,下民集,30,9~12,443,民訴,A43,訴訟承継権利譲渡人からの引受申立て
仙台,高,判,昭和,59,1,20,下民集,35,1~4,7,民訴,24,法令による訴訟代理人
名古屋,高金沢支,判,平成,元,1,30,判時,,1308,125,民訴,A44,控訴の利益
東京,高,決,平成,2,1,16,判タ,,754,220,民訴,106,補助参加の利益
東京,高,決,平成,4,6,19,判タ,,856,257,民訴,A26,証言拒絶事由―公証人の守秘義務
東京,高,判,平成,4,7,29,判時,,1433,56,民訴,A13,債務不存在確認の訴えの攻撃的性格
大阪,地,判,昭和,29,6,26,下民集,5,6,949,民訴,12,表示の訂正
東京,地八王子支,判,昭和,36,8,31,下民集,12,8,2144,民訴,4,管轄原因の認定本案要件との符合
大阪,地,判,昭和,45,5,28,下民集,21,5・6,720,民訴,94,訴訟担当
東京,地,判,昭和,45,10,31,判時,,622,92,民訴,53,和解終了と建物買取請求権の帰趨
東京,地,判,昭和,49,3,1,下民集,25,1~4,129,民訴,A22,過失の自認の効力
東京,地,決,昭和,61,1,14,判時,,1182,103,民訴,A3,再移送の許否
広島,地,決,昭和,61,11,21,判時,,1224,76,民訴,82,診療録の証拠保全の要件
大阪,地,判,平成,2,3,22,判時,,1369,139,民訴,A16,口頭弁論調書の証明力
東京,地,判,平成,2,7,24,判時,,1364,57,民訴,74,証明責任の転換―証明妨害
東京,地,決,平成,9,7,22,判時,,1627,141,民訴,A18,訴訟指揮権に基づく閲覧・謄写の制限
大阪,地,決,平成,11,1,14,判時,,1699,99,民訴,7,移送(2)―裁量移送の要件
東京,地,決,平成,11,3,17,判タ,,1019,294,民訴,6,移送(1)―専属管轄の合意
大阪,地,決,平成,11,8,30,判時,,1714,110,民訴,A17,訴訟記録の閲覧制限
東京,地,判,平成,11,8,31,判時,,1687,39,民訴,69,損害賠償額の算定

手小切百選目次

裁判所,裁判体,判決,年号,年,月,日,集,巻,号,頁,科目,事件,題名
最,一小,判,昭和,43,12,12,民集,22,13,2963,手小切,1,他人の氏名による署名
最,三小,判,昭和,41,9,13,民集,20,7,1359,手小切,2,法人の署名
最,二小,判,昭和,36,7,31,民集,15,7,1982,手小切,3,組合の手形署名
最,一小,判,昭和,47,2,10,民集,26,1,17,手小切,4,手形所待人に有利な解釈
大阪,地,判,昭和,53,3,7,金判,,566,41,手小切,5,手形保証人か共同振出人か
最,一小,判,昭和,54,9,6,民集,33,5,630,手小切,6,手形金額に錯誤がある裏書
最,二小,判,昭和,25,2,10,民集,4,2,23,手小切,7,詐欺による手形行為「見せ手形」の抗弁
最,三小,判,昭和,46,11,16,民集,25,8,1173,手小切,8,署名後意思によらずに流通した手形と署名者の責任
大,,判,大正,11,9,29,民集,1,,564,手小切,9,手形行為取消しの相手方
最,三小,判,昭和,36,12,12,民集,15,11,2756,手小切,10,手形行為の表見代理における第三者
最,三小,判,昭和,33,6,17,民集,12,10,1532,手小切,11,手形行為の無権代理人の責任
最,三小,判,昭和,42,6,6,判時,,487,56,手小切,12,手形行為についての名義使用許諾と商法23条
最,三小,判,昭和,43,12,24,民集,22,13,3382,手小切,13,手形偽造と民法110条の類推適用
最,三小,判,昭和,39,9,15,民集,18,7,1435,手小切,14,表見代理における正当な理由
最,一小,判,昭和,44,4,3,民集,23,4,737,手小切,15,代理権限の濫用と手形偽造
最,二小,判,昭和,41,7,1,判時,,459,74,手小切,16,手形の偽造の追認
最,二小,判,昭和,49,6,28,民集,28,5,655,手小切,17,手形の偽造と手形法8条の類推適用
最,一小,判,昭和,46,6,10,民集,25,4,492,手小切,18,銀行による偽造手形の支払
最,二小,判,昭和,36,6,9,民集,15,6,1546,手小切,19,手形の偽造と民法715条の使用者責任
最,三小,判,昭和,50,8,29,判時,,793,97,手小切,20,満期の変造
最,一小,判,平成,9,2,27,民集,51,2,686,手小切,21,変造前の満期日より後の日付で振出日が補充された約束手形の効力
最,三小,判,昭和,42,3,14,民集,21,2,349,手小切,22,変造手形の原文言の立証責任
福岡,高,判,昭和,55,12,23,判時,,1014,130,手小切,23,白地手形の不当補充か変造か
最,三小,判,昭和,35,1,12,民集,14,1,1,手小切,24,無権代理人による裏書と善意取得
最,二小,判,昭和,52,6,20,判時,,873,97,手小切,25,手形の善意取得と重大な過失
最,一小,判,昭和,39,1,23,民集,18,1,37,手小切,26,当事者間における原因関係無効の抗弁
最,三小,判,昭和,34,7,14,民集,13,7,978,手小切,27,融通手形の抗弁と第三者
最,二小,判,昭和,40,4,9,民集,19,3,647,手小切,28,戻裏書と人的抗弁
最,三小,判,昭和,37,5,1,民集,16,5,1013,手小切,29,人的抗弁切断後の手形取得
大,,判,昭和,19,6,23,民集,23,,378,手小切,30,悪意の抗弁の成立(1)
最,三小,判,昭和,30,5,31,民集,9,6,811,手小切,31,悪意の抗弁の成立(2)
最,二小,判,平成,7,7,14,判時,,1550,120,手小切,32,悪意の抗弁の成立(3)
最,三小,判,昭和,35,10,25,民集,14,12,2720,手小切,33,悪意の抗弁と重過失
最,一小,判,昭和,42,4,27,民集,21,3,728,手小切,34,いわゆる交換手形と悪意の抗弁
最,一小,判,昭和,52,9,22,判時,,869,97,手小切,35,保証人による手形の買戻しと抗弁の対抗
最,一小,判,昭和,45,7,16,民集,24,7,1077,手小切,36,振出し・裏書の原因関係がともに消滅した場合と人的抗弁の対抗
最,大,判,昭和,43,12,25,民集,22,13,3548,手小切,37,手形金の請求と権利の濫用
最,大,判,昭和,46,10,13,民集,25,7,900,手小切,38,取締役・会社間の約束手形の振出し
最,一小,判,昭和,61,7,10,民集,40,5,925,手小切,39,"手形金額「壱百円」と「\1,000,000-」の重複記載"
最,一小,判,昭和,41,10,13,民集,20,8,1632,手小切,40,振出日白地の破定日払手形
最,二小,判,昭和,31,7,20,民集,10,8,1022,手小切,41,白地手形の成立要件
最,一小,判,昭和,44,2,20,民集,23,2,427,手小切,42,満期白地の手形の補充権の消滅時効
最,三小,判,平成,5,7,20,民集,47,7,4652,手小切,43,満期補充後のその他の手形要件の白地補充権の消滅時効
最,大,判,昭和,41,11,2,民集,20,9,1674,手小切,44,受取人白地手形による訴え提起と時効中断
最,二小,判,昭和,36,11,24,民集,15,10,2536,手小切,45,未補充手形の取得者と手形法10条
最,三小,判,昭和,57,3,30,民集,36,3,501,手小切,46,白地未補充手形による敗訴判決と既判カ
最,一小,判,昭和,33,3,20,民集,12,4,583,手小切,47,裏書と手形行為の独立性
最,一小,判,昭和,53,4,24,判時,893,86,,手小切,48,裏書禁止手形
最,一小,判,昭和,49,2,28,民集,28,1,121,手小切,49,指名債権譲渡の方法による手形上の権利の移転
最,三小,判,昭和,45,4,21,民集,24,4,283,手小切,50,手形の裏書と民事保証債務の移転
最,二小,判,昭和,30,9,30,民集,9,10,1513,手小切,51,裏書の連続
最,三小,判,昭和,49,12,24,民集,28,10,2140,手小切,52,受取人欄の変造と裏書の連続
最,大,判,昭和,45,6,24,民集,24,6,712,手小切,53,裏書の連続のある手形による請求と権利推定の主張
最,三小,判,昭和,31,2,7,民集,10,2,27,手小切,54,裏書の不連続と権利行使
最,二小,判,昭和,61,7,18,民集,40,5,977,手小切,55,被裏書人の氏名だけの抹消
最,二小,判,昭和,54,4,6,民集,33,3,329,手小切,56,詐害行為による裏書の取消しと隠れた取立委任裏書
最,三小,判,昭和,60,3,26,判時,,1156,1443,手小切,57,取立委任文言の抹消と譲渡裏書の効力発生時期
最,三小,判,昭和,63,10,18,民集,42,8,575,手小切,58,取立委任と破産法104条2号との関係
最,一小,判,昭和,44,3,27,民集,23,3,601,手小切,59,隠れた取立委任裏書と訴訟信託
最,一小,判,昭和,55,12,18,民集,34,7,942,手小切,60,銀行による不渡附箋のついた手形と手形法20条1項
最,二小,判,昭和,38,8,23,民集,17,6,851,手小切,61,呈示期間経過後の小切手譲渡と善意取得
最,三小,判,昭和,35,4,12,民集,14,5,825,手小切,62,手形保証の方式
最,三小,判,昭和,45,3,31,民集,24,3,182,手小切,63,手形保証と権利濫用の抗弁
最,三小,判,昭和,52,11,15,民集,31,6,900,手小切,64,隠れた手形保証と原因債務についての保証(1)
最,一小,判,平成,2,9,27,民集,44,6,1007,手小切,65,隠れた手形保証と原因債務についての保証(2)
最,三小,判,昭和,57,9,7,民集,36,8,1607,手小切,66,隠れた手形保証をした者の間での責任の範囲
最,大,判,昭和,42,11,8,民集,21,9,2300,手小切,67,呈示期間経過後の支仏呈示の場所
最,二小,判,平成,5,10,22,民集,47,8,5136,手小切,68,満期前の裁判上の手形金請求と遡求権の保全
最,一小,判,昭和,33,9,11,民集,12,13,1998,手小切,69,満期後に受取人白地手形を受け戻して譲渡した場合の責任
最,二小,判,昭和,44,9,12,判時,,572,69,手小切,70,手形法40条3頂にいう重大な過失
最,二小,判,昭和,54,10,12,判時,,946,105,手小切,71,支払延期のためになされた手形書替
最,二小,判,昭和,41,4,22,民集,20,4,734,手小切,72,返還した書換前手形による手形金請求
最,一小,判,昭和,57,7,15,民集,36,6,1113,手小切,73,振出人の債務の時効消滅を裏書人が抗弁とすることの可否
最,二小,判,昭和,32,7,19,民集,11,7,1297,手小切,74,手形交換所における呈示と依頼返却
最,一小,判,昭和,57,6,17,判時,,1050,69,手小切,75,不渡異議申立手続を依頼された銀行の債務不履行責任
東京,高,判,昭和,58,11,17,金判,,690,4,手小切,76,取引停止処分と独占禁止法
最,二小,判,昭和,55,5,30,民集,34,3,521,手小切,77,支払猶予の特約と消滅時効の起算点
最,大,判,昭和,38,1,30,民集,17,1,99,手小切,78,手形の呈示を伴わない催告と時効の中断
最,三小,判,昭和,39,11,24,民集,18,9,1952,手小切,79,手形を所持しない者の裁判上の請求と時効の中断
最,二小,判,昭和,62,10,16,民集,41,7,1497,手小切,80,手形金請求訴訟の提起と原因債権の消滅時効の中断
最,一小,判,昭和,47,4,6,民集,26,3,455,手小切,81,署名後流通前の紛失手形と除権判決
最,一小,判,平成,13,1,25,民集,55,1,1,手小切,82,手形の除権判決と善意取得者の権利
最,一小,判,昭和,51,4,8,民集,30,3,183,手小切,83,白地手形と除権判決
最,一小,判,昭和,43,3,21,民集,22,3,665,手小切,84,利得償還請求権の発生と原因債権との関係
最,三小,判,昭和,38,5,21,民集,17,4,560,手小切,85,既存債務の消滅と利得の有無
最,三小,判,昭和,34,6,9,民集,13,6,664,手小切,86,利得償還請求権の取得
最,二小,判,昭和,42,3,31,民集,21,2,483,手小切,87,利得償還請求権の消滅時効
最,一小,判,昭和,23,10,14,民集,2,11,376,手小切,88,手形債権と原因関係上の債権との行使の順位
最,三小,判,昭和,33,6,3,民集,12,9,1287,手小切,89,原因債権行使の方法
最,二小,判,昭和,37,9,21,民集,16,9,2041,手小切,90,小切手による弁済の提供
最,二小,判,昭和,46,4,9,民集,25,3,264,手小切,91,賭博による債務支払のための小切手の交付
最,一小,判,昭和,46,7,1,判時,,644,85,手小切,92,小切手の払込みと預金の成立
最,一小,判,昭和,48,4,12,金判,373,6,,手小切,93,手形割引の法的性質
最,一小,判,昭和,51,11,25,民集,30,10,939,手小切,94,割引手形と買戻請求権
大阪,高,判,昭和,54,9,5,判時,,953,118,手小切,95,遡求権消滅後の手形買戻請求権の行使
最,一小,判,昭和,50,9,25,民集,29,8,1287,手小切,96,相殺と手形の返還先
最,一小,判,昭和,45,6,18,民集,24,6,527,手小切,97,預託金を受働債権とする相殺
最,二小,判,昭和,62,7,17,民集,41,5,1359,手小切,98,回り手形と銀行取引約定書10条4項
最,三小,判,平成,10,7,14,民集,52,5,1261,手小切,99,手形についての商事留置権者の権利
大阪,地,判,昭和,49,3,18,判時,,742,46,手小切,100,旧銀行取引約定書8条4項に基づく取立権限
最,三小,判,昭和,44,4,15,判時,,560,84,手小切,101,支払人として記載された者以外のなした為替手形の引受けけ
最,二小,判,昭和,29,10,29,集民,,16,325,手小切,102,一般線引の効力を排除する旨の特約の効力
東京,地,判,平成,5,2,22,金判,,932,9,手小切,103,外国向為替手形の買取銀行による買戻請求
東京,高,判,平成,6,2,28,判時,,1502,144,手小切,104,外国為替手形の不渡りによる買取銀行の手形買戻請求と貿易保険法
東京,地,判,平成,2,2,26,金判,,855,34,手小切,105,トラベラーズ・チェックの盗取と購入者の権利
最,二小,判,昭和,39,12,4,判時,,391,7,手小切,106,盗難預金小切手の支払
最,二小,判,平成,15,12,19,民集,57,11,2292,手小切,107,一括支払システム契約における譲渡担保権実行条項の効力
最,三小,判,平成,15,4,8,民集,57,4,337,手小切,108,盗難通帳を使ったATMからの預金払戻しと民法478条の適用
最,一小,判,平成,6,1,20,金法,,1383,37,手小切,109,被仕向銀行の行為による損害に関する仕向銀行の振込依頼人に対する責任
最,二小,判,平成,8,4,26,民集,50,5,1267,手小切,110,誤振込みによる受取人の預金の正否

広田先生最終講義 紛争解決学拾遺

'93九州大学講師→紛争解決学の理論化
裁判より和解の方が解決の度合いが高い
紛争解決の学問体系がない
ただ巷で重要性の指摘はあり
ただ、紛争解決=訴訟学

「法」とは何か
行為規範・裁判規範・社会規範
+紛争解決規範
判例・過去の和解例・道徳・諸科学の成果etc.
書いてみて、名付けてみて始めて明確になる

新潟大学水谷教授・九州大学井上正造教授との鼎談
紛争解決を取り組むスタンス
学問分野として固めたい→新版

「紛争解決学」の意図
当事者からの視点
実体法の相対化
ポストモダン
草野判事(現学習院大学法科大学院教授)裁判上の和解に関する論文

思想よりプラグマティックを重視
先取り…紛争は当事者の思惑・将来の社会を見据えて解決

附帯条項付最終提案仲裁…中間をとらない
 仲裁人の選択を得るために自分の提案を適当なレベルに止める

 かつ被請求者の方が高い数値を出すこともある。その場合は中間をとる
 両当事者の満足
 ∵お互いが和解を成立させる意欲が出てくる
 そのプロセスを解明・コントロール
社会資本整備における集団調停制度(メディエーション)

国際紛争への応用

民事執行・保全法(14)

民事保全
概要
 ①処分禁止したい…債権を保全したい←これが主目的
  金銭債権の場合…仮差押え(登記)
  この後…
   →訴訟→確定判決(債務名義)→差押え→売却→配当
   配当要求しなくても配当できる民執87I三
   (供託される民執91I二)
  仮差押え後・差押え前までに所有者が他人に売った場合
   =相対的無効.買ったものが権利を失う民執59II
 ②処分禁止の仮処分
  仮処分…係争物に関する仮処分§23I
   or仮の地位を定める仮処分§23II
  前者は訴訟物を動かしたくない+当事者を変更したくない
  判決効逃れ目的での裁判途中での譲渡を防ぐ
  §25-2,§62占有移転禁止の仮処分もこの類型の一部
  明渡請求権を保全するため
  後者…いくつか類型化されている
 ③地位保全仮処分
  賃金仮払い仮処分
 ④出演差止めの仮処分
  ポスターの印刷差止の仮処分
  ③,④は保全する権利がはっきりとしていない
  止めなければならないということはわかっている

手続
 全て決定主義
 以前は口頭弁論を開いたときは判決だった
 今は口頭弁論を開いても決定(口頭弁論を開くこともできる§3)
 当事者恒定効
 特徴:
  付随性…手続は別個.しかし本案の訴訟と関連している.
   e.g.仮差押命令後に本案提起しない場合,保全取消§37
  暫定性…本案の結論に影響しないのが原則
   仮処分で満足する場合もある
   e.g.賃金仮払仮処分,(明渡etc.)断行の仮処分
  迅速性
   e.g.ライブドア新株予約権発行差止,週刊文春出版差止
  密行性?
   債務者の処分を防ぐ
   任意的口頭弁論§3
   仮地位仮処分は密行性の要求少ない§23IV
   現在では密行性は保全の特性は重視されていない
  救済の簡易性

 管轄§12保全(命令)裁判所=本案の裁判所
 申立:趣旨+被保全権利+必要性§13
  必要性…ケースの具体性が重視されるところ
  ケース①…相手方に唯一のものの場合,②譲渡しそうな場合
  などを明示する
  仮地位仮処分では必要性の方が重要
 任意的口頭弁論§3
  釈明処分の特例§9
  第三者審尋は可能か?§7で§187を準用
   期日があれば可能だが,ほとんどない.
   またあっても大半が書面審理.
  疎明でよい§13II
 裁判は決定§14…仮差押命令
  or申立却下(→即時抗告で不服申立§19I)
 担保§14
  事後に保全理由がない場合はここから賠償§4II
  また釈明の補充性としての担保
  (理論的には不明確)
 仮差押え解放金の定め§22(cf.仮処分解放金§25)
  優先配当効はない
 異議§21・保全取消§37,38抗告§41
 異議§21
  債務者が初めて主張できる…手続保障
 保全取消
  §37…本案をしない場合I,本案が消えた場合IV
   I,IIIで債務者は2度申し立てる
  §38…事情変更or保全しなかった場合
   (§43IIで2週間以内に執行)
  §39特別の事情…要担保
 二審性
  保全命令申立却下→上に行く
  保全命令発令→横に行く
 保全命令執行文不要§43…保全命令正本による
  ただし書=承継執行文
  送達前であっても執行可能
 現状維持のための差押えにとどまる
  だから原則登記のみ
  強制管理の場合§47I…金銭供託(差押えと併用可)
 仮処分執行
  仮差押えor強制執行の例§52I(無数にタイプがある)
  具体的には§53~56
  時間切れだが実務的には重要

民事執行・保全法(12)

試験:今日やったところまで
 ○×or択一…4割程度
 記述…6割程度(総論+不動産競売)(§92まで)
  手続の理解を問う

非金銭執行
 不動産の明渡執行§168
  執行官が執行機関
  債権者or代理人の出頭が要件
 明渡催告制度§168-2
  任意に出て行ってほしいが第三者の占有は防ぎたい
  V債務者に対する債務名義で占有者に執行ができる
   (承継執行文がいらない)
  VII強制執行の不許を求める訴え
  IX執行異議の申し立て
  公示IV
 目的外動産を残したまま債務者がいなくなることがある
  原則は親族等に引渡義務(§168V)
  平成15年改正で売却も認められるようになった

 動産の引渡強制執行§169
 子の引渡の強制執行(百選84事件)
  意思能力のない子を引渡す
  動産に準じて執行官引渡せという強制執行を申し立てた
  (判)直接執行は許されない.間接執行による.
 目的物を第三者が占有する場合§170
  債務者が第三者に対して持つ引渡請求権を差し押さえる命令
  債権者が直接第三者から引渡を受ける権利を持つ
  cf.金銭執行§163…執行官は換価

 代替執行
  ~代替的作為義務,作為義務の結果の除去の執行
  民法414条III
   …不作為義務についても債権者(→執行官)が能動的に
    動いて費用請求OK
  債務者必要的審尋§171III
   授権決定
   授権決定の執行
  謝罪広告の合憲性(百選87事件)
   間接強制の範囲が広がる§173
    間接強制の強制性との関係
  執行抗告§171V

 間接強制
  ~不代替的作為義務,不作為義務の執行
  間接強制決定
  必要的審尋§172III
  違反行為がまだない場合に予め間接強制決定ができるか?
  最二判平成17年12月9日(平成17年(許)第18号)
   判例は積極
   間接強制の合憲性との関係で問題となる
  抽象的差止判決…請求の特定の問題
   「~ホン以上の騒音をだすな」という請求の趣旨
   名古屋新幹線騒音差止訴訟

民事執行・保全法(11)

強制執行各論――債権執行の特色と財産開示
 ・非金銭の執行の概要

 差押命令§145
 換価=金銭債権の取立§155 etc.
 配当…転付命令§159の場合には配当はない
 陳述催告の申立§147
 債権の特定(前述)申立は抽象的でもよい
 差押命令に対する執行抗告§145V cf.不動産執行・競売

 換価方法
  取立§155・転付命令§159I・
  特別換価命令(譲渡命令・管理命令・売却命令)§161
 取立
  債権の取立…1週間=執行抗告の期間
  (送達されたかどうかは債権者に通知が来る)
  債権+執行費用は支払い受けた額で弁済終了
  取立届§155III
  (実務上は第三債務者から支払届を取ることもあるらしい)
  百選78事件…契約解約等も取立に含まれる
 取立訴訟§157
  差押の競合→義務供託§156II cf.§156I権利供託
   (この場合換価の段階がなく差押→配当となる)
  判決:競合している場合→「供託せよ」との判決(§156IV)
     競合していない場合→「支払え」
  原告の法的性質=法定訴訟担当説(通説)
   ・固有適格説(自分の満足のために訴訟提起しているので)
  参加命令§157I
   「第三債務者の申立により」
   第三債務者の応訴の煩・他債権者の蒸返しを防ぐため
   参加しなくても判決の効力が及ぶ§157III
  債務者に判決効が及ぶか?(旧法では債務者への告知義務)
   判決効の拡張あり(通説)…第三債務者の応訴の煩
   拡張否定説(=固有適格説)…債務者への手続保障を模索
    (しかし参加させても訴訟内の役割がわからない)
 転付命令§159
  支払ったと見なされる§160
  換価の方法の一つ
  要件:
  1差押が有効になされていること(同時も可,むしろ多い)
  2転付債権が券面額を有すること.
   即時決済可能であること.
    =将来給付・停止条件付等は含まない
  3譲渡可能な債権(譲渡禁止債権ではない)
  4第三債務者に送達されるときまで被転付債権に競合がない
  債権者平等の例外.他の債務者に優先
  効果:権利移転効・弁済効§160
  デメリット…第三債務者が無資力の場合リスクを債務者が負う
 特別換価命令§161
  譲渡命令(転付命令準用)
   価格を評価してその値段で転付
   e.g.電話加入権
   定めた価格が執行債権額を超える場合
    債権者に超過額を納付させる(規140)
  売却命令(不動産強制競売準用)
   債権を執行官に売却させる(e.g.ゴルフ会員権)
  管理命令(強制管理の準用)
  その他

 少額訴訟債権執行§167-2~
  cf.少額訴訟の判決・支払督促…単純執行文がいらない
  迅速性を実現するため(§25ただし書)
  しかし執行手続は原則通り
  しかし判決は簡裁,執行は地裁…これではメリット少ない
  そこで少額訴訟債権執行
  簡裁書記官が出す「差押処分」§167-2II
  執行裁判所は原則簡易裁判所§167-3

 財産開示手続§196~
  債務者の普通裁判籍が執行裁判所
  債務者が財産開示期日に呼び出されて陳述
  財産開示申立権者:確定した債務名義を持つ債権者
   (確実に債務者である者.一度開示すると開示前に
    回復することができないから)
  前回の開示から3年間は開示決定できない§197III
   (例外事項あり一~三号)
  先取特権の保護(§197II)
  非公開§199VI
  閲覧制限§201
  ※担保権者は入っていない…担保目的物が特定されている

 扶養義務に関わる金銭債権についての強制執行についての
  近時の改正
  執行法の他に家事審判法の履行勧告・命令(家審15-6,25-2)
  間接強制
  その他特例